店長の茶飲み話 「1日花だより」

スリランカ紅茶専門店 紅茶屋さん店長が日々の中の出来事をお茶を飲みながら綴っています。

Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

Entries

Profile

Archives

紅茶屋さんのスリランカカレーがテレビで紹介されました。

気が付けばもう8月、毎日カレー作りに追われ、長い事ブログの更新を気になりながら

過ごしていました。やっと、ブログの更新をすることができました。

 

今、日本のカレーマニアの間で、スリランカカレーが人気になっています。

聞くところによると、関西、特に大阪にスリランカカレーのお店が、ニキニキ出来ているとの事、

関東地方、東京近郊でも少しずつスリランカカレーが食べられるお店が出来つつあります。

セイロン紅茶を扱っている紅茶屋さんとしては、大変うれしいです。

 

実は、紅茶屋さんでも数年前から本格スリランカカレーをランチで出しておりました。

秘かにスリランカカレーファンが訪れるようになりました。

ついに、先日、カレー総研の所長さんの紹介で、チョビッとですが、テレビ出演をはたしました。

もうすでに紅茶屋さんのスリランカカレーを召し上がった方は、ご存知かと思います

が、こちらが、テレビで紹介された当店の本格スリランカカレーです。

↓  ↓  ↓

 

スリランカカレー

(カレープレイト、サンボール、お口直し、サラダ、デザート付き紅茶のセット)

 

メインは、チキンのカレーで周りにお野菜のカレーがたっぷり盛り合わせてあります。

全部で10種類のカレープレートになっています。

(メインは、予約時にお魚に変更することも出来ます。)

画面上方に並んでいる小鉢は、スリランカでは、ポピュラーなサンボールです。

でも、このサンボールが、スリランカカレーでは、重要な役目をするのです。

日本で言うところの福神漬けやラッキョ的な役割もあるのですが、このサンボールを

一振りすることによって、カレーが抜群に美味しくなるのです。

付け合わせと言って侮るなかれ、この「サンボールを知らずしてスリランカカレーを

語るなかれ」と迄言われるくらい重要なんです。

 

まず、サンボールに使われる食材の一つに、モルジブフィシュと言う、日本のカッオ節

の様な物が入ります。

これ ↓  ↓  ↓

モルジブ

 

南の国の料理に日本のカツオ節と同じものが使われていると言う事で、モルジブフィシュも俄然

人気が出ていますが、ちょつと???な使い方をしている方も多く見受けられます。

 

日本では、カツオ節を出汁として使われるのが一般的ですが、スリランカでは具材の

一つとして使い、日本の味噌汁の出汁の様には使いません。

そして、チップ状の物を使うので、削り節は使われません

確かに、モルジブフィシュを入れることによって日本人にはなじみやすい味に感じますが、

スパイスと一緒に使う事でこのカツオ節が日本の出汁とは違った何とも深い味わいになります。

モルジブフィシュは、カツオの種類が「ハガツオ」で日本のカツオ節にするカツオとは、種類が違うようです。

 

これからしばらく巷ではスリランカカレーが、話題を呼ぶことでしょう。

出来れば、本場のスリランカカレーを食べ頂ける様に、勉強していきたいと思います。

是非、本格スリランカカレーを食べてみてください。

 

 

 

 

 

 

at 2016.08.03 Wednesday, ランペ・カラピンチャ, 本格スリランカカレー

comments(0), trackbacks(0)


comment

TRACKBACK URL

http://tealanka.kouchayasan.raindrop.jp/trackback/23